神奈川フィル合唱団

合唱団プロフィール 指導者プロフィール オーディション 練習日程 練習会場案内

総監督


神奈川フィル合唱団総監督 現田 茂夫
神奈川フィル合唱団
総監督
現田 茂夫

プロフィール

東京音楽大学指揮科で汐澤安彦、三石精一両氏に師事。
その後東京芸術大学で佐藤功太郎、遠藤雅古両氏に師事。
85年安宅賞受賞。
86年、二期会オペラ「ヘンゼルとグレーテル」でオペラ・デビュー。二期会オペラで活躍する一方、オーケストラ・コンサートでも実績を積む。
87年、新星日本交響楽団指揮者に就任。
88年、来日中のドレスデン・フィルに客演したのをはじめとして国内外を問わず主要オーケストラを指揮し、好評を得た。
90年、新星日響とヨーロッパ演奏旅行。同年、ウィーン国立歌劇場に国費留学。
91年スロヴァキア・フィルに客演。
92年、プラハ国立歌劇場日本公演の指揮者として客演。同年、プラハ交響楽団の定期公演に初登場し、翌年、“プラハの春”での“佐藤しのぶリサイタル”は、センセーショナルにヨーロッパで放送された。
チェコを始めとして、イタリア、ドイツ等での客演も多い。
96年より13年間神奈川フィルハーモニー管弦楽団を指導し飛躍的に躍進させ、その功績も称えられ2009年4月より名誉指揮者の称号を得る。
他の主要オーケストとも数多く共演し好評を得ている。
また、世界的チェリスト故ムスティスラフ・ロストロポーヴィチと03年04年に皇后陛下の古希祝賀コンサートで共演し好評を博した。
関西二期会や東京二期会、錦織健プロデュースオペラの音楽監督も努め、海外での劇場で指揮も行っている。
また、アントニオ・ペドロッティ国際指揮者コンクール(イタリア/トレント)の審査員として毎回招待されている。
2000年4月から3年間、NHKの「FMシンフォニー・コンサート」のパーソナリティを務めるなど、バラエティにとんだ活動を行なっている。


合唱団音楽監督


神奈川フィル合唱団音楽監督 大久保 光哉
神奈川フィル合唱団
音楽監督
大久保 光哉

プロフィール

慶應義塾大学法学部卒業。
東京藝術大学大学院博士課程及び文化庁オペラ研修所第10期生修了。音楽博士。
白糠町文化奨励賞受賞。
文化庁在外派遣研修員としてスウェーデンに留学。
新国立劇場など数多くのオペラに出演するほか、東京フィルハーモニー交響楽団、東京交響楽団、NHK交響楽団などオーケストラとの共演も多い。NHK“FMリサイタル”、日本テレビ“深夜の音楽会”にも出演。
スウェーデン・レークサンド音楽祭、日本フィルハーモニー管弦楽団定期でのシベリウス歌曲や東京新聞フォーラム“クッレルヴォ”など我が国における北欧歌曲演奏の第一人者としても活動している。
演奏以外に合唱団の指揮、演奏会の企画・構成、オペラの演出なども手がけている。
現在、二期会会員。

合唱団名誉監督


神奈川フィル合唱団名誉監督 近藤 政伸
神奈川フィル合唱団
名誉監督
近藤 政伸

プロフィール

東京芸術大学声楽科・同大学院修了。
1978年、ドイツ政府給費留学生として渡独。
1980年、ドイツ・ワーグナー財団奨学金を授与。
1999~2000年にかけて文化庁海外派遣員として再渡欧。

オペラでは「ペレアスとメリザンド」「ヴェニスに死す」「ラインの黄金」「ドン・ジョヴァンニ」「カルメン」、オペレッタでは「メリーウィドウ」「こうもり」「ボッカチオ」「小鳥売り」などの主役を歌う。
また「フィガロの結婚」「タンホイザー」「蝶々夫人」他のオペラでは脇役にも評価が高い。

NHKニューイヤーオペラコンサート、N響アワー、題名のない音楽会等、TV・FMに出演の他、リサイタルやコンサートを日本・ドイツ・イタリアの各地で行う。

二期会ではプロデューサーとしてオペラやコンサートの企画、制作、司会を務める他、同オペラ研修所運営委員として次代のオペラ歌手養成にも力を注いでいる。

武蔵野音楽大学教授、東京芸術大学講師、東京室内歌劇場会員
(財)東京二期会評議員及び副幹事長
(株)二期会21 取締役。