コンサートスケジュール

2018-2019シーズン
8月

2019-2020シーズン


フェスタサマーミューザKAWASAKI2018 (開催日 2018年8月3日)

公演日時 2018年8月3日(金曜日) 19:00 開演 
      15:30からチケットをお持ちの方はリハーサル公開にご参加いただけます
公演場所 ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮者 川瀬賢太郎
共演者 神尾真由子(ヴァイオリン) 大木麻理(オルガン)
主な演目 サン=サーンス/歌劇「サムソンとデリラ」よりバッカナール
サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番ロ短調作品61
サン=サーンス/交響曲第3番ハ短調作品78「オルガン付」
料金 S席4,000円 A席3,000円 B席2,000円
チケット発売日 4月27日(金)
問合せ先 ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200



横浜みなとみらいホール開館20周年記念 音楽と舞踊の小品集 (開催日 2018年8月30日)

公演日時  2018年8月30日(木曜日) 13:30(マチネ)19:00(ソワレ) 開演
公演場所  横浜みなとみらいホール 大ホール
出演者  崎谷直人(ヴァイオリン)門脇大樹(チェロ)福間洸太朗(ピアノ)齊藤一也(ピアノ)
 中村恩恵、首藤康之、折原美樹(マーサ・グラハム舞踊団)米沢唯/中島瑞生/渡邊拓朗(新国立バレエ団)
主な演目  ドビュッシー/喜びの島
 サン=サーンス/白鳥
 マスネ/タイスの瞑想曲 ほか
 スクリャービン/12のピアノ練習曲作品8より第11番 
 ラヴェル/ツィガーヌ
 メシアン/時の終わりのための四重奏曲より第5楽章“イエスの永遠性の賛美”
 コダーイ/9つのピアノ曲
 ラヴェル/ピアノ三重奏曲より第3,4楽章
 
詳細情報 4人の男たちが舞踏家と響きあう印象派の世界 
 今年7月横浜美術館で印象派を代表する画家、クロードモネの普遍的な魅力に迫った
展覧会が開催されます。この展覧会に寄せて男性4人若き精鋭がピアノ、ヴァイオリン、チェロの
小品をプログラムに据え、中村恩恵に委嘱する舞踏作品と共演します。音楽家、舞踏家が集い
卓越した音楽性、精神性、身体性が繰り成す世界を創り出す様をどうぞお見逃しなく
料金  全席指定 4,000円 
 ※Miraist Club (横浜みなとみらいホール友の会)会員/かなフィルフレンズ3,600円
 ※未就学のお子様の入場はご遠慮ください
チケット発売日 4月8日(日)
問合せ先  横浜みなとみらいホールチケットセンター 045-682-2000